風水と気の関係性

風水と気の関係

『気』は『天』・『地』・『人』の三種類に大きく分類されます。
天の気、地の気(磁気を含む)、人の気のどれか一つでも不足するだけでバランスが崩れます。逆に、この三種の気をバランス良く取り入れられると万全となります。
たとえば、都会の、特にマンションの高層階などでは『地』の気が不足がちですし、仮に一戸建ての家庭であっても、東や東南、南の方位に他の建物が隣接していると日当りが悪くなりますから『天』の気が不足がちになります。マンション住まいの方は極力屋内に観葉植物を置いたり、土の入った「花の鉢」をベランダに置いたりして、不足気味の地の気を補いましょう。
日照条件が悪い場合、改装費がかかりますが天窓を設けるなどして、少しでも太陽光(厳密には陽の天の気)を取り入れる工夫をしましょう。取り入れる気も、陰陽のバランスの取れた『気』が最高とされます。最近『ゼロ磁場』に住むと良い気を受けて心身両面の健康を促進すると言われていますが、ゼロ磁場とは地の気がゼロなのではなく、陽の気と陰の気のバランスが良いとされる土地です。

気の性質

風水に関連した気の性質は次の通りです。

(1)気は見るものの意識によって性質が変わる
即ち、波長で見ると波長で、波動で見ると波動で、粒子で見ると粒子として見えるということです。したがって肯定的な考え方や良い考えが、気を活用するにおいてより良い結果を導くということです。

(2)気は波長や波動、および形象が同じか良く似ている場合、
    共鳴現象、及び誘引現象を起こす

地球を立体形象化したピラミッドから、地球が持つ良い気が出、神の姿を平面形象化した曼茶羅や、マントラやヒーラーニャ等から宇宙の良い気が出るのは勿論のこと、想像上の形象画や音の波動は勿論、物を記号形象化した文字からも、その固有の気が出ています。死んだものが生前に良い考えを沢山していたら、遺骨に善の波動が、悪い考えばかりしていたら、悪の波動が刻まれていて、それぞれ天地の良い波動、悪い波動を引き寄せるということです。

このページの上部へ